top of page

アーユルヴェーダ浄化療法「パンチャカルマ」





パンチャカルマ、

インド伝統医学”アーユルヴェーダ”の中で出てくる専門用語。


訳すと、

パンチャ=5 カルマ=行い 

ということで、5つの行為を意味します。



「パンチャマハプータ」という言葉も一緒に。

5大元素のことです。


アーユルヴェーダの診断の基本となるものです。


アーユルヴェーダとは、”生きるための知恵” というのが一番しっくりきているワードです。


医学として、病気を治すだけではなくて、西洋医学にはない 健康に元気に幸せに寿命を全うするための知恵 が教えられているのです。


その中で、人間のもっている治癒力を最大限に引き出すための治療が 心身の浄化で、これが根本的な解決法だ!

と考えています。



アーユルヴェーダそのものについては割愛しますが、

1 今すでに出ている病気の根っこを取り除くための治療法


2 体調不良は改善して、病気の予防とより健康に生きるため健康増進法   ▶︎日々のトトノエル、ということです。鎮静療法


3 2をもっと積極的に行う治療。浄化療法



3番がパンチャカルマというものです。


”5つの行為”とは、

1 鼻に油などを点鼻する法

2 胃内の毒素を排泄させる法・・・催吐

3 下剤で小腸の毒素を排泄させる法・・・下剤

4 大腸からの毒素を排泄させる法・・・浣腸

5 皮膚から血液の毒素を排泄させる法



クライアントの体質などをしっかり診てアーユルヴェーダ医が行う医療行為です。 (私はこれがいい〜、などできません(汗))



順番は、

1 3〜10日間ぐらい消化の負担を除いて、消化の働きを順調にしておく。


2 1週間〜2週間ぐらい前処置 (体内で固まった毒素を引き剥がすようにオイルマッサージ これがアビアンガです。ギーを飲んだり、 薬草薬を飲んだり、発汗したり・・・で毒素を1箇所に集めます。 どのくらいかかるかは人に寄る)


3 2、3日ぐらい中心処置 (ようやく5つの行為の中から、その人に合った方法で浄化処置)


4 中心処置の2〜3倍の期間かけて後処置 (中心処置で低下した体力や消化力を高めるもの。薬草を処方したりしながら ゆっくり時間をかけます。→ドクターたちはここが治療の成否を決めると言います。その後の養生が一番のポイント!なのです。)



ということで、

パンチャカルマには、最低でも3週間〜2、3ヶ月かかる人もいます。

生理中は治療も中断されます。


私たちが溜め込んだモノを取り除くのは一朝一夕にはできない、 ということがよくわかりますね〜。



きちんとした治療としてのパンチャカルマを受けると、 その後10年は病気にかからない、 霊性が高まる、何もかもクリアになる・・・などと言われます。

”心身のリセット” のようなものですね。



現地でも、 リゾート的なパンチャカルマトリートメントを提供しているところも 多く、日本人にはそんなに時間が取れない、などあったり、 アーユルヴェーダ医の人間性やセラピストの技量にも寄る、など そう簡単に・・、というところです。



いかがでしたでしょうか?


パンチャカルマ、なんだかイメージ伝わったでしょうか?


何より必要なことは、 毎日毎日の暮らし方、小さな日々の積み重ね ということがひしひしと感じられます。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page